Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビセラ

ビセラの便秘解消効果とは?腸にどんな働きをするの?

更新日:

頑固な便秘で肌荒れはするし、体重も増えてお腹ぽっこり・・・便秘は美容の大敵ですよね。

便秘解消のための乳酸菌サプリは数多く売られていますが、画期的な配合成分で今注目を集めているのが「ビセラ」です。

「腸内フローラサポートサプリ」というキャッチフレーズを持つビセラ、便秘解消効果も大いに期待できそうですよね。

 

ビセラで便秘が解消され体の不調が整ってくるなら、是非飲んでみたいところ。

実際に飲む前に、どれほど便秘解消効果があるのか、どうして便秘に効くとされているのか、その裏づけとなる特徴を知っておきましょう。

 

YUUKA
今回はビセラの便秘解消効果について、どのような成分が腸にどのように働きかけるのか、クローズアップしてお伝えしていきます。

 

ビセラは本当に便秘に効くの?実際に飲んでみました!

便秘解消のためにビセラを飲んで、もし効果がなかったら・・・?

便通があっても、お腹が痛くなるような効き方だったら・・・?

飲んでからこのような結果になったら困ってしまいますよね。

私もそのような不安がありました。

ビセラを飲んでみる前までは!

 

まず最初に、便秘に悩んでいた私がビセラを飲んだ実体験をレビューしたのでここでまとめたいと思います!

 

私がビセラを飲み始めた理由

私は24歳専業主婦で、2人の子育てをしています。

出産してから体質が変わり、すっかり便秘体質になってしまいました。

排便は1週間に1〜2回になり、お腹はポッコリ、心も体もどんより重い・・・。

あまりに排便がない時は下剤に頼っていましたが、外出の時は飲めないし、お腹は痛くなるし。

健康的なお通じとは程遠く、イライラも募る一方。

何か良い便秘薬でもないかとネットを探していたら、ビセラの評判に目が止まりました

ビセラは下剤ではなくサプリメントですが、便秘解消効果には定評があり、芸能人やモデルさんも愛用しているとのこと!

 

乳酸菌サプリメントは以前飲んだことがあって効果がいまいちだったので、今回もそれほど期待はしていなかったのですが、ダメ元で注文してみたんです。

 

ビセラの特徴は短鎖脂肪酸を配合していること。

短鎖脂肪酸は腸内フローラに良いとテレビなどで聞いたことがありましたが、実際に飲むのは初めてです。

 

何と、初めて飲んだ次の日に早くもお通じが!

これは期待できるかも?!

 

期待を込めて、毎日ビセラを飲み続けることにしたんです。

 

ビセラを飲んで2週間後の効果!

最初の日にお通じがあって喜んだのも束の間、その後は約1週間ほど、便秘状態に変わりはありませんでした・・・。

あの便通はたまたまだったんだと思うと、正直不安でいっぱい

 

でも根気よく飲み続けていたら、2週間目に入った頃、2日に1回お通じが来るようになったんです!

お腹が痛くなることもなく、朝食後自然にスルッと出る感じ。

ただ出るだけじゃなく、本当にスッキリするんです!

腸がきれいになっている感じで、それに伴い体が軽くなり、心も軽くなり、なんだか元気になってきました!

 

ビセラを飲んで1ヶ月後の効果!

ビセラを飲み始めてから1カ月が経ち、1袋を飲み切りました

2週間で便秘解消の効果を実感してから、完全に便秘とは無縁の生活です。

そして体も心も元気になり、あんなに酷かったポッコリお腹が3週間目頃には凹んできました!

乳酸菌サプリメントで見た目の変化までなかなか出るものじゃないから本当に嬉しい!

スキニーパンツやタイトスカートなどのファッションも楽しめるようになりました!

 

便秘でお腹がポッコリしている人、痩せにくいと感じている人、便秘のせいで体が重たくストレスも感じている人などにはビセラを是非オススメしたいです!

 

▶ビセラレビューの詳細はコチラで確認できます!

実体験からわかった、ビセラの便秘解消効果の特徴

このような体験を踏まえて私が言えるのは、ビセラは腸内環境を整えて自然な便通を促す便秘解消効果があるサプリということです!

私の場合はお腹が痛くなったり、下痢になったりすることは一度もなく、「全部出し切れた!」というスッキリ感のある自然な便通をビセラが促してくれました。

 

他の人の口コミを見ると希に下痢気味になったいう人もいるみたいですが、それはビセラの成分が腸に働きかけ、腸内環境を整える過程での一時的な反応の場合が多いようですよ。

数日様子を見てみたり、飲む量を2日1回に減らしてみるなどの対処でほとんどの人が改善されています。

私の場合飲み始めの1週間は効果がなかったのですが、それも腸内環境を整える過程だったと思うと納得です!

 

ビセラは便秘薬なの?

これほど便秘に効果的となると、ビセラは便秘薬なのかな、と思う人もいるかもしれませんね。

誤解のないよう、ここではっきりお伝えしておきましょう。

ビセラは便秘薬ではありません

ビセラは、腸内環境改善をサポートしてくれるサプリメント(栄養補助食品)です。

 

薬とサプリメントはどう違うのか、曖昧な方もいると思うのでご説明しておきますね。

 

医薬品とサプリメントの違い

医薬品とは、日本の薬事法に基づいて効果・安全性などを厳しく審査し、それをクリアして承認・許可された化学物質のこと。

人間の体が持っている成分以外の成分が含まれていることが多く、即効性があり、体内に摂取すると強く作用するので、用法・用量を守った場合でも副作用の可能性が伴います。

病気や怪我の治療・予防などに使われます。

 

サプリメントとは、体の本来持っている機能をサポートする食品のこと。

健康保持・増進が期待できる自然の成分や、それらを凝縮させた成分が含まれています。

医薬品のような審査基準はありません。

病気を治療するような強い作用はなく、即効性はありません

決められた飲み方をすれば副作用のリスクはないと言えます。

自己治癒力や免疫力をアップさせる目的を持った食品と言えるでしょう。

 

ビセラは目的を持った健康食品!

ビセラは、腸内環境の改善に働きかける乳酸菌などの成分を配合したサプリメント。

人間が本来持っている腸の働きを良くさせる目的を持った食品なので、便秘に悩む人は便秘解消効果が、巡りが悪く代謝が衰えている人は代謝アップ効果などが望めるのです。

 

便秘薬は体への作用が強いため、効果が急激にやってきたり、お腹が痛くなったり、効きすぎたりということがありますよね。

しかしビセラは便秘薬ではなくサプリメントなので、体に及ぼす影響も緩やかで自然な便通を促してくれるのですね。

 

ビセラに配合されているのは、人間の体内に存在する乳酸菌や母乳などにも含まれるオリゴ糖などの入った食品なので、副作用の心配もないと言えます。

 

ビセラの腸内フローラへの働きかけはどんなもの?

ビセラは「腸内フローラサポートサプリ」というキャッチフレーズを持っていることは前述しました。

いったい腸内フローラとは何なのでしょうか。

ビセラは腸内フローラの何をサポートして便秘解消などの健康効果を促すのでしょうか。

ビセラの便秘解消効果の真髄に迫っていきます!

 

腸内フローラとは

栄養素の吸収という、生命維持には欠かせない重要な役割を担う臓器が腸(小腸・大腸)です。

その腸の内壁には、数百種類以上、100兆個以上という膨大な数の細菌が棲んでいます。

電子顕微鏡で覗いてみると、その膨大な細菌たちの様子はまるでお花畑(=flora)!

「腸内フローラ」という呼称は、その細菌の棲む様子のイメージから付いたものだったんですね。

 

腸内細菌は、体に良い影響を及ぼす「善玉菌」、体に悪い影響を及ぼす「悪玉菌」、普段はどっちつかずで優勢な方に味方する「日和見菌」の3種類に分けられ、そのベストな比率は

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

だと言われています。

 

腸内フローラのバランスは食事や生活習慣、ストレス、年齢などによって日々変化しており、理想的な比率を常に保つのは難しいといえるでしょう。

便秘の症状も、この腸内フローラのバランスが乱れ、善玉菌が少なく悪玉菌が多い状態になってしまっていることが原因で起こる場合が多いのです。

 

ビセラに含まれる短鎖脂肪酸とは

ビセラの大きな特徴として、短鎖脂肪酸を配合していることが挙げられます。

 

短鎖脂肪酸は、腸内フローラを善玉菌優勢の理想的な状態に保つためのキーとなる成分で、そのほとんどが腸内フローラから生み出されます。

短鎖脂肪酸は身体活動のエネルギーになったり、大腸そのものをつくる細胞を動かす養分となったり、大腸内を弱酸性にして悪玉菌が生息し辛い環境にしたりと、腸内環境を整えるための様々な働きをするのです。

 

これまでの乳酸菌サプリでは、この短鎖脂肪酸を作り出す「酪酸菌」が配合されているものが多く出回っていて人気を博していました。

しかし酪酸菌を摂取しても、そこから作られる短鎖脂肪酸はわずかであり、非常に効率が悪いのが実際のところでした。

体質によっては酪酸菌をサプリで摂取しても短鎖脂肪酸が作れない場合もあるそうです。

 

そこでビセラは、短鎖脂肪酸そのものをダイレクトに配合し、その力を100%発揮できるようにしたのです。

この画期的な配合こそ、ビセラが腸内フローラのサポート力に優れたサプリである所以なのです。

 

ビセラには32種類の乳酸菌が含まれる

短鎖脂肪酸のパワーは前述しましたが、ビセラはその短鎖脂肪酸の働きのバックアップも忘れていません。

ビセラには短鎖脂肪酸と相性がよく、相乗効果を生み出してくれる乳酸菌が32種類も配合されています。

 

乳酸菌には様々な種類がありますが、実は人それぞれ相性があります。

これまで乳酸菌サプリを飲んだけど便秘解消を始め何の効果も感じなかった、という人も多いかもしれませんが、その原因は配合されている乳酸菌の種類が少なく、ことごとく相性が良くないものだった可能性も否定できません。

 

このような悲しい結果を生み出さないためにも、配合乳酸菌の種類の多さというのはとても重要なのです。

ビセラに含まれる32種類の乳酸菌の例としては、次のようなものがあります。

  • ラクリス菌:胞子を形成するため熱や酸素に強く、乳酸の生成能力も高い乳酸菌。胃を通過して腸に長く留まって働きます。
  • EC-12菌:人由来の乳酸菌で免疫細胞に働きかけることで腸内環境改善を助けます。
  • ナノ乳酸菌:直径が1ミクロン以下という微粒子の乳酸菌で、体内に取り込まれやすいのが特徴です。

このほか全32種類の乳酸菌の中にはきっと、あなたと相性の良いものが含まれているはずですよ!

 

ビセラは善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

腸内環境を良くするには善玉菌を増やし悪玉菌を抑えることが大切です。

 

ビセラに含まれる成分の中で、善玉菌を増やす働きをしてくれるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は人間の消化酵素では分解されにくく、そのまま大腸にまで到達します。

そして大腸の中にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を後押しするのです。

 

一方、ビセラに含まれる成分で悪玉菌を減らす役割を担うのが水溶性食物繊維です。

ごぼうやこんにゃく、納豆などにも多く含まれている水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなり、悪玉菌を減らす働きがあります。

また、水を含むとゲル状になって腸の蠕動運動を促し、便秘解消に効果があるとされています。

 

ビセラは腸で溶ける特殊加工カプセル採用

このようにビセラには腸内フローラのバランスを改善させ、便秘解消に働きかける成分が凝縮されているのですが、乳酸菌を主とする成分は熱や酸に弱いのが特徴でもあります。

そこでビセラは成分の力を余すところなく発揮させるため、カプセルにもこだわっています。

 

一般的なカプセルは胃で溶けてしまうため、熱や胃酸によって成分がダメージを受けて、腸に届く頃には大切な菌がほとんど死んでしまっていることが多いもの。

そこでビセラは胃で溶けずに腸で溶ける特殊加工カプセルを採用しました。

これによってビセラの優れた配合成分が腸で100%の力を発揮でき、理想的な腸内フローラのバランスへと導くサポートをしてくれるのです。

 

ビセラの便秘解消を始めとする健康効果は、このような隙のない品質によってもたらされているのですね。

 

まとめ

ビセラの便秘解消効果について、どのような成分が腸にどのように働きかけるのかという点を徹底的に調査しました。

 

ビセラには短鎖脂肪酸や32種類の乳酸菌、オリゴ糖、水溶性食物繊維など、善玉菌を増やし理想的な腸内フローラのバランスへと導く成分が凝縮されています。

腸内フローラのバランスを改善させることによって、便秘解消をはじめ代謝アップ、免疫力アップなどの様々な健康効果が期待できます。

 

腸は第2の心臓とも呼ばれる主要な臓器。

体本来の持つ腸の働きを取り戻すことが、ビセラの役割です。

 

便秘に悩んでいるなら、便秘薬よりもまずビセラで腸内フローラのサポートを始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YUUKA

YUUKA

私は24歳で、現在2人の子育て中の専業主婦です! 趣味は子供と旦那さんに美味しい料理を作ることと、美容商品を色々試すのが大好きです(*^^) 最近の悩みは、ぽっこりお腹。。。(゚Д゚;)

-ビセラ

Copyright© 【写真付き】ビセラ本音の口コミと実感できた効果とは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.